投稿日:

人身事故の厳罰化

人身事故は2013年以前と比較して、厳罰化が進むようになりました。これには、2014年5月に、交通事故の加害者に対して厳しく罪を問う自動車運転処罰法が施行されたことが背景となっています。人身事故で死亡・重症となると、過失運転致死傷罪が適用され7年以下の懲役か100万円以下の罰金が科せられるなど厳罰化の流れが目立っています。

さらに悪質な運転の場合には、危険運転致死傷罪が適用されるので1年以上20年以下の懲役が科せられる可能性もあります。人身事故として処理すると、加害者は刑事責任を負うことになり前科が残るため物損事故として処理したがりますが、保険を利用する場合は人身事故として処理することが薦められるなど責任の取り方が難しいのも現状です。

被害者が重症もしくは死亡となる可能性が高い人身事故では、軽傷の場合と異なり必ず救急や警察への通報なくてはいけません。ほとんどのケースで、人身事故の認定は避けられないと考えても良いでしょう。

人身事故では重傷者や死亡者が出る恐ろしさもあるので、専門家の方がスムーズに進められる示談交渉、重症・死亡に対する巨額の賠償請求に対応するために、保険の加入が求められることにも納得できるのではないでしょうか。

投稿日:

人身事故の重い責任

人身事故は、軽傷で済む場合の他に、重傷を負わせてしまうリスク、さらには死亡させてしまうリスクがあります。人身事故を起こすと責任を負うことになり、行政処分や民事・刑事処分が科せられるでしょう。行政処分では運転免許の違反点数の問題があり、死亡事故で運転者の責任が重いと判断されると20点の加算があります。

民事処分では、示談や調停の他に民事訴訟の可能性があり、損害賠償金を支払い義務があるので、この金額が大きな負担となります。治療費や慰謝料、万が一体の障害が残った場合は被害者の損害に対して賠償することになるでしょう。物損事故との大きな違いとなるのが、人身事故を起こすと刑事事件になることが挙げられています。

参考資料⇒交通事故の発生から示談までの流れ | 交通事故被害者救済サイト

治療費や慰謝料も高額ですが、被害者が交通事故によって休業したなどの事情があれば、休んだ期間に応じて休業損害を支払う義務が生じ、亡くなった場合は遺族に対する慰謝料や亡くなった方の逸失(いっしつ)利益の支払義務も生じるでしょう。

仮に35歳の男性で年収が600万円で扶養家族がある場合は、逸失利益が6000万円程度と計算されます。保険を利用せずに支払うことが非常に難しいため、任意保険や自賠責保険が重要視される理由に挙げられています。

投稿日:

人身事故の恐ろしさ

交通事故には、物損事故と人身事故の2分類があります。単純に物を壊してしまう物損事故よりも人身事故の方が怖いと言われるのには理由があります。物損事故は破損したものを修理する費用を簡単に計算できますし、支払額も巨額になることは少ないでしょう。

しかし、重症者や死亡者を出した場合の責任は、非常に重たいものとなっています。重症でも死亡でも被害者が受ける損失に対して、損害賠償の責任を負い支払い義務が生じることから、金銭的な負担額が大きくなります。事故を起こした時点での対応が悪い場合、被害者の心証を損なって慰謝料請求額がさらに多くなるケースや示談交渉が困難になるケースも見られます。

人身事故としての届け出をすると刑事罰の対象になるので、懲役ではないにしても警察の実況見分や調書作成に対応することが求められるでしょう。人身事故は、このような大きなデメリットがあります。このサイトには、人身事故で怖いのは重傷者や死亡者が出る事である点を解説しています。運転免許証の取得を検討している方などに役立つ情報となれば幸いです。

わが身には降りかからないと多くの方が考えている人身事故ですが、万が一の場合、社会的にも経済的にも制裁を受けることになります。そのような時に対応できる対策を検討しておくことが求められるでしょう。人身事故を起こした場合の賠償額なども併せて理解しておくと、しっかり備えられるようになるので、このサイトの情報を有効活用して下さい。