投稿日:

人身事故の恐ろしさ

交通事故には、物損事故と人身事故の2分類があります。単純に物を壊してしまう物損事故よりも人身事故の方が怖いと言われるのには理由があります。物損事故は破損したものを修理する費用を簡単に計算できますし、支払額も巨額になることは少ないでしょう。

しかし、重症者や死亡者を出した場合の責任は、非常に重たいものとなっています。重症でも死亡でも被害者が受ける損失に対して、損害賠償の責任を負い支払い義務が生じることから、金銭的な負担額が大きくなります。事故を起こした時点での対応が悪い場合、被害者の心証を損なって慰謝料請求額がさらに多くなるケースや示談交渉が困難になるケースも見られます

人身事故としての届け出をすると刑事罰の対象になるので、懲役ではないにしても警察の実況見分や調書作成に対応することが求められるでしょう。人身事故は、このような大きなデメリットがあります。このサイトには、人身事故で怖いのは重傷者や死亡者が出る事である点を解説しています。運転免許証の取得を検討している方などに役立つ情報となれば幸いです。

わが身には降りかからないと多くの方が考えている人身事故ですが、万が一の場合、社会的にも経済的にも制裁を受けることになります。そのような時に対応できる対策を検討しておくことが求められるでしょう。人身事故を起こした場合の賠償額なども併せて理解しておくと、しっかり備えられるようになるので、このサイトの情報を有効活用して下さい。